おむつに頼らないこと、その後

2016.03.03(Thu)

『日々の暮らし』 Comment-Trackback-

おむつになるべく頼らないで
息子の排泄のお世話をしている毎日。

あ、今回もおしっこの話です。
お食事前の方、すみません。
そして、ご興味の無い方は、
長いのでスルーして下さい。


ついにこの日がやってきました。


おしっこがそろそろ出るよなーと思って息子を見ていたら、
やっぱり出ました。

ちょうど朝、パンツ型のおむつカバーが壊れてしまったので、
トレーニングパンツ(厚手で布が何重にもなっている)
をはいてもらっていたのですが、
初めてびっくりした顔をして自分のおまたを覗き込んでいます。

その2、3日前から、布おむつにおしっこをした時は、
『変な顔』をしたことはありましたが、
この時は明らかに、自分から何かが出て行ったということに
気がついた瞬間だったと思います。
「おしっこが出たねー」と声をかけると、
恥ずかしそうに笑っていました。

それから、おしっこが出そうになると、
自分のおまたに手をあてて「んん?」
という顔をするようになりました。
「おしっこ出るかな?」
と声をかけると
にこにこっと反応してくれるのです。
これには本当に感激しました。
「お母さんに教えてくれてありがとう!」
と毎回心から声をかけてしまいます。
息子も、私のペースでおまるに当てられて
何となくおしっこしている時と違って
あきらかに気持ち良さそうです。

それからというもの、私も
絶対に出ると思う時と、
自分の用事のために先に用をたしてもらいたいなーと思う時だけ
息子におまるをあてることにして、
できるだけ息子が
「おしっこでるよ」
のサインを自分から出してくれるのを
待つ様になりました。

息子が自分がおしっこをしているという事実を認識したその日、
久しぶりに夜もおむつにおしっこをしませんでした。
かなりの確率で夜もおまるにおしっこをする時期が長かったのですが、
ここしばらく、ほとんどおむつにおしっこをして
びしょびしょの布おむつで寝る日が続いていたので、
これも驚きです。

今思うと、これまでの数ヶ月、
大きく成長発達が進む時には
必ず睡眠や排泄のリズムが狂って
その度に翻弄されて、正直に書くと
イライラしていました。
もっと息子の成長を信じてゆったり構えていればよかった
と猛反省。
過ぎた事は仕方ないので、
息子の成長をゆったりとした気持ちで見守る!
と誓うのみです。


一日に何度も、繰り返し繰り返し
息子に「おしっこ出るかな?出ないかな?」
「おしっこ出たね、よかったね。気持ちよかったね。」
と声をかけ続けてよかった。
ちゃんと聞いてくれていました。

赤ちゃんは私たちが思っているよりも
物事を理解していて、言葉もよーく聞いているようです。






スポンサーサイト
▼ プロフィール

okisaya19771123

Author:okisaya19771123
山梨の山村に住み、田畑に取組みながら竹のカトラリーを作っています。
※只今育児中につき、制作はお休みしています。
再開の目標は2018年4月。

▼ カテゴリー
▼ 最近の記事
▼ 月別アーカイブ

pagetop ↑

Copyright © 2017 okisaya19771123 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.