田んぼと畑のこと

2014.08.08(Fri)

『日々の暮らし』 Comment-Trackback-




私はこのブログの自己紹介に
田畑に取り組んでいる
と書いている。

田んぼも畑も、というと、
ストイックにやっている。
というイメージをもたれてしまう場合もあって、
それも少し違うのになぁといつも感じる。
なので、いつか、それについては
説明できたらいいなと思っていた。


そもそも、東京から山梨に移り住んだのは、
竹の仕事の都合ではない。
どうしても自分で食べる物を作ってみたい
という、かなり漠然とした欲に駆られたからだった。
けれど、どこかの農業研修に行くという時間を使いたくなかったし、
何より、農業ではなく、自給に興味があったので、
ほとんど農作業の経験もないまま来てしまった。
とにかく、やってみるしかない!と
いう溢れんばかりの意気込みだけはあった。
それと、
来たからには、よほどの事情が無い限り東京には戻らない!
というほんの少しの切迫感もあった。


元の元をたどって考えると
若い時特有の『アイデンティティーの危機』なるものに
あまり健康的に対処できなくて、
何とも言えない気持ちで過ごした頃のことを思い出す。
それを打開したくて色々な場所に行ったり人に会ってみた結果、
生きていることに自信が無いと感じている自分が
(実際本当にそう感じていたのです!)
『もし、自分の身の回りのことを自分でできる智慧を身につけたなら
自信が持てるのではないか』
という期待を持つようになった。

結局食べ物を作るという行為を『やるしかなかった』だけのことで、
ストイックというのとは、やっぱりちょっと違う。

必死の思いでやりはじめた頃とはだいぶ変わって
楽しめるようになった今、
自分は運がよかったなと思う。


沢山失敗もした。
最初の数年は、自分の思いをぶちまけるように働いて、
反動で寝込んだりしていた。
そのうち自分の限界を知り、
『続けるためには日々淡々とした暮らしを送る』
ことがどれほど大切かを理解するようになった。

自分の限界を知ったことで、
できることとできないことの区別がよくわかるようになった。
やりたいことに順番をつけて、
一番やりたいことだけ実現できたら満足するようになった。
そうしたら、
次はこれをやってみよう!
という楽しみで頭の中が一杯なので、
余計なことをあまり考えなくなった。

そうして、本当に一つずつ、少しずつ、
できることが増えてきたと思う。
身の程知らずで山梨に来てしまったけれど、
『もし、自分の身の回りのことを自分でできる智慧を身につけたなら
自信が持てるのではないか』
という期待は間違ってはいなかったと思う。
自信、というのはちょっと大げさかな。
でも、妙な不安感は無くなって、
程よく体を動かしながら
畑で採れた物を食べるのが
素直に心地よく感じる。



・・・それにしても、竹の仕事のために書いているブログなのに
妙に田んぼと畑のことばかり話題にしてしまって。
読んでくれている方に感謝。
『竹のカトラリーの作り方』
とかで検索ひっかかってるみたいなので、
カトラリーのことも紹介しなくては!
と反省していたのに、
また今回もくどくどと書いてしまった!

そのうち、カトラリーの作り方も紹介しまーす。







スポンサーサイト
▼ プロフィール

okisaya19771123

Author:okisaya19771123
山梨の山村に住み、田畑に取組みながら竹のカトラリーを作っています。
※只今育児中につき、制作はお休みしています。
再開の目標は2018年4月。

▼ カテゴリー
▼ 最近の記事
▼ 月別アーカイブ

pagetop ↑

Copyright © 2017 okisaya19771123 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.