稲刈り

2013.10.09(Wed)

『日々の暮らし』 Comment-Trackback-
DSC_0792_convert_20131009213842.jpg


秋晴れというには暑すぎる1日、
両親に手伝ってもらい、稲刈りをしました。

DSC_0793_convert_20131009211133.jpg

ボロも色々と目に付く田んぼではありますが、
おかげさまで今年も元気のよい稲が育ちました。

DSC_0795_convert_20131009213356.jpg

今年は機械を使わず、全て手作業での稲刈り。

立ったり座ったりの繰り返し。
要はスクワットし続けることになり、
日頃ジムで鍛えている高齢者2年生の両親はこたえたよう。
というか、私も翌日はカチコチでした。

DSC_0800_convert_20131009214312.jpg

成果が目に見えるのは農作業の良い所。
3人でさわやかな疲れを感じながら
はさがけされたお米を眺めました。

翌日さらに2人の手を借りて無事刈り終えました。
後は、脱穀して精米して、いよいよ新米を食べることになります。


爪楊枝のように細かった苗がこんなに大きくなって結実する。
何から何まで不思議になってしまいます。
稲が土から栄養を取り、でんぷんを作って実に貯める。。。
なぜ植物にはそんなことができるのだろう?
と田畑の収穫の時、いつも思います。

もちろん、植物が子孫を残すためにやっていることですが、
私たちが生きて行くためにそれを頂いてしまうのです。

生きるために本当に必要なもの。
水、空気、土、お日様。
それから、私を助けてくれる人々。

私は竹を使ってものを作っていますが、
竹も稲と同じ仲間の植物。
稲にも竹にもお世話になっている私の暮らしです。
スポンサーサイト
▼ プロフィール

okisaya19771123

Author:okisaya19771123
山梨の山村に住み、田畑に取組みながら竹のカトラリーを作っています。
※只今育児中につき、制作はお休みしています。
再開の目標は2018年4月。

▼ カテゴリー
▼ 最近の記事
▼ 月別アーカイブ

pagetop ↑

Copyright © 2017 okisaya19771123 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.