作業台

2013.07.31(Wed)

『竹のカトラリーの紹介』 Comment-Trackback-
竹でカトラリーを作りはじめて、
8年近く経とうとしています。

その間、お世話になっていた作業台は
ホームセンターで買ったもの。
安いだけあり、天板はすぐにぼろぼろになり、これが2代目。
6年間活躍してくれました。

DSC_0458_convert_20130719210109.jpg

見ての通り、とても軽い台なので、
力を使う作ときには揺れるどころか動いてしまうため、
左足で台のバー踏んで抑えながらすごい格好で作業していました。

もちろん、その様子をみた何人かの人からは、
この作業台は私の作業にはあまり適してないということを指摘されて
色々とアドバイスももらったのですが、
新しいものを取り入れるのが下手なので、
なかなか作業台を改善できずにそのままがんばっていました。

さすがにこの所、ひとつひとつの作業からもう少し無駄を省きたいと思い始め、
一番作業時間に影響していたと思われる作業台のことを考えました。
というわけで思いきって新しい作業台を作ってもらいました。

お願いしたのは、
いつも刃物や、刃物の柄の交換、
さらにはイベント出展の時に使うディスプレイの脚を
つくっていただいている鍛冶屋の上田さん

フルオーダーで何かを作ってもらう機会はほとんどないので、
制作途中も何回か工房に足を運んで様子を見たり、
要望を伝えたり、確認したりと、話合いながら作ってもらいました。



DSC_0571_convert_20130719224836.jpg

最初に作業台が来たときはこんな感じでした。
脚の部分など、鉄に漆をやきつけて塗装にしています。
この後万力を取り付けて、ぐらぐらしないようにアジャスターを調整してもらいました。



DSC_0578_convert_20130719225633.jpg

引き出しと取手も上田さんが作ってくれました。
天板や引き出しの板に使ったのは、
以前に壊される家からもらってきた厚い大きな一枚板です。
ケヤキだと聞いていたのですが、
見た目はぼろぼろだった板を挽いてもらったらサクラでした。
木目がやさしい雰囲気です。



DSC_0595_convert_20130719230125.jpg

刃物類をまとめて収納。
使ったのは樫の木。
木目が美しくて、ここに使うのがもったいないくらい。



DSC_0597_convert_20130719230444.jpg

上田さんの提案で作ってもらった道具掛け。
S字フックは、バーに掛けるところが平らにたたいてあるので、
ぐらぐらしないようになっています。
使いやすいです。
ぶら下がっている木の棒は、ナタやノミをたたくための大切な道具。樫の木です。
右側の小さなしゅろ箒ですが、以前からしゅろの皮を剥いて取っておいたのを、
作業台の新調にあわせて箒にしてみました。
素人が作ったものではありますが、なかなかよい働きをする箒です。



DSC_0589_convert_20130727200945.jpg

お仕事する時はこんな感じです。
今までなぜ作ってもらわなかったのだろう!
安定感があって、
よけいな力を使わずにすんでいます。

これからずっとこの作業台を使い込んでいくと、
今とはまた違っていい味がでてくるのだろうと思います。
スポンサーサイト
▼ プロフィール

okisaya19771123

Author:okisaya19771123
山梨の山村に住み、田畑に取組みながら竹のカトラリーを作っています。
※只今育児中につき、制作はお休みしています。
再開の目標は2018年4月。

▼ カテゴリー
▼ 最近の記事
▼ 月別アーカイブ

pagetop ↑

Copyright © 2017 okisaya19771123 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.