「現代の名工 廣島一夫の手仕事」展 に出品します。

2012.07.20(Fri)

『イベント出展のお知らせ』 Comment-Trackback-
8月1日〜12日まで、青物(または荒物などとも言う様です)の竹かごの展示に、
同じ竹で作ったということで、
私のカトラリーも参加させて頂く事になりました。



「暮らしのなかで息づく竹の道具たち
 現代の名工 廣島一夫の手仕事」展


日時:2012年8月1日(水)〜8月12日(日)
会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開館時間:10:00〜17:00(最終日は15:00まで)
休館日:8月6日(月)
観覧料:一般300円、高大生250円、中学生以下無料
    ※障害のある方と付添者1名無料




竹かごは、途方も無い昔から日本で使われてきた道具です。
竹を加工する高い技術とできあがったかごの美しさ。
日々の暮らしで竹かごを使ってきたということは、
素晴らしい事だと常々思っています。

今回は宮崎の山奥の村で職人として生きている廣島一夫さんという方(御年97歳!!!!!)
が作られたかごを見る事が出来ます。とてもとても貴重な機会です。
『人はこんなことができるんだ!』
というくらい精巧につくられたかごたち。
言葉で言わなくとも、『用の美』を語っています。

伝統の深さには及ばないと思いつつも、
こんな機会に私のカトラリーも参加させて頂けるということで、
70本前後、滋賀県に送る予定です。

九州を中心に、青物に取り組む若い世代のかごも販売される予定です。
普段、なかなか表には出て来ない素晴らしいかご、
見たらびっくりすると思います!

日本中の人たちにこの展示に足を運んでもらいたい。
そんな風に思います。
スポンサーサイト
▼ プロフィール

okisaya19771123

Author:okisaya19771123
山梨の山村に住み、田畑に取組みながら竹のカトラリーを作っています。
※只今育児中につき、制作はお休みしています。
再開の目標は2018年4月。

▼ カテゴリー
▼ 最近の記事
▼ 月別アーカイブ

pagetop ↑

Copyright © 2017 okisaya19771123 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.