スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お箸談義

2012.07.13(Fri)

『竹のカトラリーの紹介』 Comment-Trackback-
はし1

今日はお箸について書いてみます。
(だーいぶ前に、カトラリー紹介をはじめていて、
次はキッチン3点セットをご紹介しようと思っていたのですが、また今度。)


写真は、左から菜箸、男性用、女性用、小さな子供用です。
他にも、取り箸、盛りつけ箸、天ぷら用の菜箸などなど、
箸と言っても色々ありますね。

箸という漢字は『竹かんむり』がついています。
きっと竹はお箸に向いている素材なのでしょう。
亡くなった方の枕元に旅立ちのご飯を盛りつけ、お箸を立てる習慣があったり、
神事に使われることもあり、日本の文化を語る上で、お箸が登場することになります。


お箸の役割は、
つまむ、はこぶ、はさむ、支える、切る、割く、ほぐす、はがす、すくう、くるむ、のせる、おさえる、混ぜる
この2本の棒でできることはたくさんあります。
日本人の手先が器用なのは、毎日の食事で箸を使っているからだ、と言われているそうです。

  
食事作法は『箸に始まり、箸に終わる』
と言われるほど、お箸の使い方は『やってはいけないこと』もたくさんあります。
以前、『礼儀作法とは、相手に対する思いやりの表現』という話しを聞いて納得したことがあります。
お箸の使い方は一緒に食事する人に一番目に映る動きなので、
お箸を正しく使うことは、とても大切なことなのですね。


さて、ものすごく長い前置きでしたが、私のお箸制作について。
お箸は展示会でもクラフトフェアでも、常にお買い求めいただける作品です。
なぜなのか色々考えてみました。
私のつくるお箸のようなデザインは他にも作っている方がいらっしゃるのですが、
販売されている全体の数がどうしても少ないので手に取って頂けるのかもしれません。
それから、やっぱり毎日使うものだからでしょうか。

はし3


ここ最近は『使いやすいので家族の他の人の分も』というお客様が増えて来ました。
(営業トーク!・笑)

私が作る時に気をつけていることといっても大したことは無いのですが、
お箸はよくつかう道具なので、ゆっくり食事する時にも疲れたり痛くならない様に、
必ず角を取っています。
この、角を取るひと手間がものを言うのだろうと思っています。
(また、営業トーク!!・笑)

お箸はデザインがシンプルですが、使う人の手は百人百様。
なので、私はお箸を作る時に、同じものを作らず、
太さや細さ、長さ、先の形はバリエーションをつけて、
手に取る方に選んで頂ける様にしています。
(選べなかった方、ごめんなさい)
少し見にくいかもしれませんが、
下の写真の左2膳はお箸の先が角張っていて、
右の2膳は細いですが丸く仕上げています。

はし2

先日、お箸のご注文いただいたものを納めました。
今、店舗を探しながら活動されているごはん屋ヒバリ
店主、タナカセイコさんからのご注文だったのですが、
タナカさんはお箸にはこだわっていらっしゃるとのことで、
長さや太さのご希望をきき、
さらに15膳分、どれをとっても組になる様に、
というオーダーでした。
この、どれをとっても組になる様に、というのは
ここ最近の制作の中でも、かなり難易度が高く、挑戦しがいのあるものでした。
結果的には、竹の節は必ずしも地面と平行になっていないので、
大きくわけで11組と4組の2つのグループを作らせていただいたのですが、
それでも11組(=22本)同じお箸を作るというのは緻密な作業になるので、自信が無く心配でした。
ドキドキでタナカさんにお送りしましたが、合格をいただいたので、ほっと胸を撫で下ろしました。
ごはん屋ヒバリの店舗が決まったら早速食べに行きたいです。

今回制作するにあたって、タナカさんとお箸についてお話させていただいたのですが、
やはり、食べるものやシチュエーションによっても、適したお箸がありそうで、それがまたおもしろいのです。

『クラフトは箸にはじまり、箸に終わる』と、
我が師匠、長野修平氏はいつも言っています。
そう、お箸は初心者の人でも作れるのですが、
プロの人でも『これでいい』というお箸はなかなかできないようです。

それくらいに深い、たった2本の棒、お箸の世界。

お箸づくり、実はものすごく苦手だったのですが、
最近はストレスが無くなってきました。
これからもずっと、いろいろなお箸を生み出していきたい。

5組くらいのお箸セット(どれをとっても一組になるという意味)を作りたい、
フルオーダーのお箸のご注文を受けたい、
と色々構想が出てきています。
スポンサーサイト
▼ プロフィール

okisaya19771123

Author:okisaya19771123
山梨の山村に住み、田畑に取組みながら竹のカトラリーを作っています。
※只今育児中につき、制作はお休みしています。
再開の目標は2018年4月。

▼ カテゴリー
▼ 最近の記事
▼ 月別アーカイブ

pagetop ↑

Copyright © 2017 okisaya19771123 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。