いよいよ明日です。

2011.10.14(Fri)

『竹のカトラリー展のお知らせ』 Comment-Trackback-
前回ブログに書いたのは
9月23日でした。

あの後間もなく、工房からの風director's voice
にて作家さん方の紹介を載せて下さっているところに
私のことも書いていただきました。
だいぶ当日が近づいた実感を持ったわけですが、
そのあと1回もここには書けませんでした。

作品に集中していたと言ったら聞こえがいいのですが、
せっかくブログをのぞいて下さった方、すみません!
内容の薄いブログですね。。。

たった今、私もdiredbor's voiceの作家さんの紹介を読み終えて、
本当にいろいろな思いのこもった展示会になることを
すでに感じています。

今年は3月11日に起きた地震と、
その後に続いた原子力発電所の事故のことで、
本当にいろいろなことを考えさせられました。

地震があってから『(考え方などが)変わった』という言葉は
何回も耳にしてきました。
私自身は、何か変わったのだろうか。
それもよくわからず、
猪突猛進で、目の前にあることを、
なんでもかんでもやってきました。


展示の前日にして、たった今気付いたのですが、
私が地震の後、変わったこと。
『私には言葉で何も言えなくなってしまった』
ということです。

以前は、自分の思いを言葉にすることがどちらかというと好きで、
(このブログではない)ブログも書いていました。
けれど、何だか言葉にすると現実がありのまま伝わらない様な気がしてきて、
どうも言葉にならず。
そしてこれがまた歯車が上手くまわらず、
表現力が足りず、言葉のことで誤解を受けることがものすごく多い日々でした。
そしていっそう言葉を使うことをためらう方向にいったのだと思います。

なんで突然こんな
ことを書き始めたのかと自分でも不思議ですが、
director's voice でみなさんの言葉の豊かさに触れて、
図らずとも気付いてしまったようです。
『今の私は言葉で表現するのは難しい。
=みなさんの言葉が素敵だった』のです。

今の状態を理解出来たのでなんだかすっきり。
そして、別に落ち込んでいるわけでもなく、
今はそういう時期なのだなーと妙に納得。
(誤解されたことはちょっと落ち込んだけど。。)

8月末まで落ち着いて作ることができなくて、いらいらしたこともありました。
けれど、ミーティングでお会いした作家さん方からもらったエネルギーと
工房からの風、スタッフの方々のきめ細かくやさしい言葉掛けに励まされて、
今までに無く、体が、手が、本当によく働きました。
それは、自分でもびっくりするくらいです。

きっと言葉で何もできない分だけ、
作ることで補おうとしていたのですね。

今は、行動で自分を表現する時だと、
そのように解釈しています。

ですので、明日あさっては今の所雨になる可能性が高い様ですが、
できるだけ自分の持っていきたいものを持って行くことにしました。
荷物を減らすことも一度は考えてみたのですが。

『たくさん作ったカトラリー達を
一本一本みなさんに手に取ってもらいながら選んでもらいたい』
その事が展示する時に一番私がのぞんでいる事。
雨だから持って行くものを減らすのではなく、
雨だからテントの中に入ってホッとするような、
そんな空間をご用意出来たら最高だな!
思っています。

でもやっぱりてるてる坊主、作ってみるか!
会場でお会い出来ます事を楽しみにしています。

今度こそ、寡黙なカトラリー作家沖原を目指して。。。
スポンサーサイト
▼ プロフィール

okisaya19771123

Author:okisaya19771123
山梨の山村に住み、田畑に取組みながら竹のカトラリーを作っています。
※只今育児中につき、制作はお休みしています。
再開の目標は2018年4月。

▼ カテゴリー
▼ 最近の記事
▼ 月別アーカイブ

pagetop ↑

Copyright © 2017 okisaya19771123 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.