欲とわがまま

2016.07.04(Mon)

『日々の暮らし』 Comment-Trackback-

つい先日、
近くで農園を営んでいる知人から
無肥料無農薬を10年続けている桃をわけていただくことができた。

果実はどうしても農薬散布回数が多くなってしまうと前から聞いているので、
何だか気になって息子にはあまり果物を食べさせていない私には、
まさに救いの神。桃が神々しく見えた。

けれど、同時にとても恥ずかしい気持ちにもなった。
というのも、農園の奥さんが果樹園に連れて行ってくれる前に、
『木が本当にかわいそう』
と話すのを聞いて、私はもちろん
『?』
何だかあまり意味がわからない。
一見普通に立っている木に見えたけど、
近くに寄ると、木が半分くらい虫に浸食されてぼろぼろに腐っている。
隣にあるスモモは、カビが生えてぽとんと落ちてくるそうで、
木の下にそうして落ちたスモモの実が沢山。
奥さんは
『無農薬にすると木にすごく負担になってしまって
かわいそうなことをしているって思う』
とまた私に話した。
私がわけていただいた桃の木は、今年を最後にだめになるだろう、とも。

この農園は主たる販売は野菜やお米なので、
どうしても果実に手がまわりきらないのも原因だということだけど、
私は、安易に無農薬の果実が欲しいと思っていた自分が恥ずかしくて、
この知人に、そして果実の木たちに対して申し訳なくなって
言葉が見つからなかった。

おいしい果物が食べたい。でも農薬を使っていないものが欲しい。
というのは欲とわがまま・・・だよね。


けれど、さすが果物王国山梨。
県内各地に、無肥料無農薬や、無農薬、低農薬で果物を育てている農家さんが
何軒もいらっしゃる。本当に頭が下がるばかり。


たとえ薬を使っていたとしても、
愛情を持って果実のお世話をしている人に
山梨に来てから沢山出会ってきた。

おいしい果物を食べられる幸せ。









スポンサーサイト

pagetop ↑

▼ プロフィール

okisaya19771123

Author:okisaya19771123
山梨の山村に住み、田畑に取組みながら竹のカトラリーを作っています。
※只今育児中につき、制作はお休みしています。
再開の目標は2018年4月。

▼ カテゴリー
▼ 最近の記事
▼ 月別アーカイブ

pagetop ↑

Copyright © 2016 okisaya19771123 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.