柔らかな足の裏

2015.05.03(Sun)

『竹のカトラリー展のお知らせ』 Comment-Trackback-

3月に息子がお腹から出てきました。
日々、本当に毎日変化があってあきない人です。






何も踏みしめていない、足。
柔らかな足の裏を初めてまじまじと見てしまいました。



DSC_0892_convert_20150502060259.jpg


この足で彼はどんな風に歩んでいくのか・・・。
そばで見られる幸せ。



(このブログをもって報告になったみなさま
無事に産まれました!)




スポンサーサイト

pagetop ↑

竹のトング!

2014.12.16(Tue)

『竹のカトラリー展のお知らせ』 Comment-Trackback-


22センチサイズ


今週末からの
『鐵の道具 竹のカトラリー展 vol.2』
にて、トングのご注文も承ります!!


DSC_0821_convert_20141216195235.jpg
20センチサイズ



大きさは3サイズ。

約20センチ・・・こぶりの器に盛られたお料理の取り分け等
約22センチ・・・おおぶりの器に盛られたお料理やパンの取り分け等
約24センチ・・・パスタや肉の調理等


20センチと22センチの2サイズは見本をご用意しますので、
実際に見て決めて頂けます。


現在メールや電話などでの対応はしていませんので、
ご来店くださった上でご注文ください。
・・・
要は、来て下さい!
ということなのですが。

皆様のお越しをお待ちしています!





『鐵の道具 竹のカトラリー展 vol.2』

2014年12月20日(土)〜12月24日(水)
※全日、2人ともお店に居ます
ルシァレ
東京都渋谷区富ヶ谷2−43−13
03−3468−2456
http://levain317.jugem.jp



*20日 9:00〜19:30
 21・23日 9:00〜18:00
 22日・24日 9:00〜19:30
 お時間にご注意ください!




pagetop ↑

ありがとうございました & 『 鐵の道具 竹のカトラリー展vol.2』

2014.12.13(Sat)

『竹のカトラリー展のお知らせ』 Comment-Trackback-




12月6日7日、大阪の22家(にこにこや)さんにて、
お箸とスプーンづくりのワークショップを
担当させていただきました。
みなさんそれぞれの個性あるお箸、スプーンを
完成させることができたと思います!
楽しんで頂けたでしょうか。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。
22家の木村さん、warbleのおっちゃん店長さん
大変お世話になりました!


そして、去年に引き続き、
鍛冶屋の上田さんと一緒に
『鐵の道具 竹のカトラリー展 vol.2』
をルシャレにて開催します。


・・・・なのですが、
諸々の事情で今回の私の展示では
あまり多くのカトラリーをご用意する事ができません。
本当はトングも沢山作って持って行きたかったなぁ。

別の記事で改めて詳しく説明しますが、
今回の展示を終えたら、
しばらく展示会やイベント出展はお休みします。

年明けしばらくは
いくつかのお店にカトラリーを納めますが、
個人の方で、何かご要望がある方は、
ご足労をおかけする事になり恐縮ですが、


今回の会期中、ルシャレまで来て頂ける場合に限り、
ご注文をお受けします。
あまり沢山の数はお受けできませんので、
ご了承ください。


上田さんも包丁、フライパンともに
新しいラインナップを揃えていますよ。
ぜひお越し下さい!
お待ちしています。



『鐵の道具 竹のカトラリー展 vol.2』

2014年12月20日(土)〜12月24日(水)
※全日、2人ともお店に居ます
ルシァレ
東京都渋谷区富ヶ谷2−43−13
03−3468−2456
http://levain317.jugem.jp



*20日 9:00〜19:30
 21・23日 9:00〜18:00
 22日・24日 9:00〜19:30



pagetop ↑

個展 @ごはん屋ヒバリさん 終了しました

2014.04.30(Wed)

『竹のカトラリー展のお知らせ』 Comment-Trackback-
24日〜28日に開催していただいた
ごはん屋ヒバリさんでの個展、
終了しました。

たくさんの皆様にご来場いただきました。
本当にありがとうございました。

4回のワークショップで
30人の方がお箸を作って帰られました。
竹と刃物とじっくり向き合う2時間。
楽しんで頂けたでしょうか。。。
ご自分で作ったお箸、
日々活躍できますように。

(ガラケーで写真を撮ったので、ちょっと歪んでしまっています)
140426_125605.jpg


今回の個展では、
ヒバリの店主、タナカさんに依頼を受けて
2年ほど前から取り組もうと思いながら
そのままにしていたトングの制作、
ついに着手しました!
このブログでもご紹介したいのですが、
また改めて写真を撮ったら載せてみます。

今までやらなかったような作業行程もあって
新鮮な気持ちで楽しく作る事ができました。


そしてタナカさんのお料理に大感動。
何が一番感動したかというと。
地域にももちろんよりますが、
今の時期は畑で取れる野菜が一番少ない時期。
菜の花くらいかもしれません。
(南の方はもっと色々穫れますよね、きっと)
代わりに、農家さんの畑の周辺に出てくる野草を
料理して出してくれたのでした。
タンポポ、クレソン、芹、
ウルイ(ぎぼうし)、ノカンゾウ。
私がご飯に食べるとしても、
『食べるものが無いから仕方なく。。。』
という雰囲気が丸出しですが、
タナカさんはそれぞれの野草の味のいい所が出るように
ほどよく味付けされていました。

ハウスで無理に作られた物ではなく、
今、旬で、一番おいしく食べられるもの。
タナカさんのお料理に対する姿勢を感じました。


つい、お料理に感動した話になってしまいました。
タナカさん、スタッフのお2人にも
色々とお気遣いいただき、大変お世話になりました。
いい時間をすごさせていただきました。
ありがとうございました!

pagetop ↑

ごはん屋ヒバリさんにて個展を開催していただきます。

2014.04.14(Mon)

『竹のカトラリー展のお知らせ』 Comment-Trackback-
ごはん屋ヒバリさん展示用_convert_20140414221837


去年、お箸づくりのワークショップをさせていただいた
ごはん屋ヒバリさんにて、
今年はワークショップに加えて個展も開催していただきます。


以前にも書きましたが、
ごはん屋ヒバリさんではお箸やおしゃもじを使っていただいています。

店主タナカセイコさんのご希望で
23センチ6.5ミリ角の華奢なお箸を作った時は、
その繊細さが心配になって
思わず確認の電話をしました。
それは杞憂に終わり、
セイコさんのお料理を食べるのにその箸は程よい細さだと知って
安心したのを思い出します。


今回は、そのお箸とおしゃもじをメインに
展示させていただきます。


去年に引き続き、ワークショップも。
ご自分で作ったお箸で
タナカさんのほっとするお料理を楽しんでいただきます。

タナカさんのお料理は、
特別な材料を使っているというわけではなく、
(もちろん、厳選はしていらっしゃると思いますが)
誰でも普段使っているもので作られていて、
でも、素材の味がしっかりと引き出されていて、
自然に食事がゆっくりと進みます。


そしてそして、
期間中、ランチはご自身で盛りつけしていただく形になるのですが、
そのサーバーにトングが初登場します!
ずっとトングを作りたいと思っていながら先送りにしてきました。
今回展示にあたり、
タナカさんからリクエストがあって
ついに形にする時がきました。
ただいま、タナカさんに相談しながら制作中。
みなさんに使い心地を確かめていただきたいと思います。


皆様のお越しをお待ちしています。



『沖原 紗耶  個展』

2014年4月24日(木)〜28日(月)

◯展示時間
24日、25日  12 時〜17時・18時〜23時
26日、27日  12時〜19時
28日      12時〜17時

◯ワークショップ(竹箸づくり・お食事付き)
26日、27日
10時半の会
14時半の会
各回定員10名様
参加費3800円
ご希望の方はお電話かメールにてご予約をお願い致します。
03−3415−4122
info(アットマーク)hibarigohan.com


◯ランチ(竹のカトラリーのサーバーで)
24日、25日、28日
12時〜14時
(なくなり次第終了)


ごはん屋ヒバリ
東京都世田谷区8−7−1 2F
03−3415−4122



pagetop ↑

▼ プロフィール

okisaya19771123

Author:okisaya19771123
山梨の山村に住み、田畑に取組みながら竹のカトラリーを作っています。
※只今育児中につき、制作はお休みしています。

▼ カテゴリー
▼ 最近の記事
▼ 月別アーカイブ

pagetop ↑

Copyright © 2017 okisaya19771123 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.